夢キャンpeopleに参加する

地域の子どもたちと交流し
地域貢献が出来る場所

東京都市大学 工学部機械工学科 卒業生
鉄道研究部OB
W さん

INTERVIEW

夢キャンパスをどのように利用していますか

鉄道研究部 顧問の先生からの紹介で、夢キャンパスの担当の方とお話しをできる機会を設けてもらったのがきっかけで、私自身が鉄道模型が好きということもあり、鉄道研究部のOB有志で鉄道模型を持ち寄って参加型のイベントを開催しました。

今回のイベントの他にも、ボランティアサークルの活動として、地元の友人たちと鉄道模型の展示や運転体験などのイベントを開いて活動を行っています。

夢キャンパスで開催していかがでしたか

会場の半分を使って、5両や6両編成、10両編成のレイアウトで構成したのですが、子どもたちが200回以上も夢中になって運転してくれたり、電車について話を聞かれたりしましたので、子どもたちと良い交流が出来たと思います。
来場者数も大人と子ども合わせて250人と、多くの方々に見にきていただき大変良かったと思います。

鉄道模型を動かす機会はあまりないと思いますので、子どもたちに動かす楽しさを知ってもらう機会になってくれればと思っています。

夢キャンパスで開催して良かった点を教えてください

駅前にあるので、アクセス面が良かったです。また、鉄道模型に限らずいろんなイベントを気軽に開催できる場所を学校側が用意しているので、イベントを開催しやすいと感じました。

また、窓から実際に走っている電車を展望できる二子玉川駅がすぐ近くにあり、とても良いロケーションだと思います。

今後は会場の全面を使って、もう少し大きい規模で開催ができればと思います。

Wさんにとって夢キャンパスとは

私にとっては、子どもたちと交流が出来る場所として、地域に貢献が出来る場所だと思っています。

夢キャンを舞台に活躍する皆さんの声をご紹介します

アクセス