2019.09.28

2R Now in 世田谷 「子どもエコ・マーケットでお買い物体験!」を開催しました

2R Now in 世田谷 「子どもエコ・マーケットでお買い物体験!」を開催しました

9月28日(土)、世田谷区2R推進会議と東京都市大学 環境学部伊坪研究室の主催による、2R(リデュース・リユース)活動の普及促進を目的としたイベント、2R Now in 世田谷「子どもエコ・マーケットでお買い物体験!」が開かれ、150名を超える方々が夢キャンパスに足を運んでくださいました。2RのReduce(リデュース)とはごみの発生抑制、Reuse(リユース)とは再使用を表し、ごみの元となるものを減らそうという取り組みです。

広い夢キャンパスの奥半分にはカラフルなミニ仮設スーパーがお目見え。でも陳列棚に値札はなく、代わりにその商品の包装がどれくらい環境に負荷を与えるかなどの情報が書いてあります。そういった情報や、都市大をはじめとする黄色いジャンパーを着た大学生からの説明を聞き、環境負荷の少ない商品を選んでお買い物体験をします。(お買い物体験は、要事前申込み。)

もう半分のフロアは「エコ体験ブース」と銘打って、環境問題やごみの減量に取り組んでいる団体が、ごみ問題やごみの減らし方について分かり易く教えてくださいます。 今問題になっている「海洋ごみ」についての紙芝居や、リユース素材で作る「エコ工作」、紙パックを再利用した「紙漉き体験」などなど。(こちらのブースは全て事前申込み不要。)

左:紙芝居で「海洋ごみ」について分かり易く、切実に!おはなしします。
右:日本で1年間に捨てられる食品の量や、賞味期限と消費期限の違いなどが一目瞭然!
左:浄水器を使って水道水をおいしく飲めばペットボトルの消費が減ります!
右:松沢地区のごみ減量・リサイクル活動への取組みはどれをとっても参考になります。
左右:エコ工作のブースでは、レシートの芯を使った「カタカタ車」と、カボチャやメロンの種や木の実を
台紙に貼って作る秋色のブローチ(いずれも主な材料はリユース)を作れます。
左右:紙パックをお湯とミキサーでドロドロに溶かし、紙漉きの要領でハガキを作ります。素敵な模様を漉きこめばオリジナルハガキの完成。実はリサイクルペーパーの製造過程を分かりやすく説明するWSでした!
会場全体の様子
会場全体の様子

ご紹介した以外にも、リユース品の抽選会や、オリジナル傘を作るワークショップなども開かれ、物を大切に使う工夫、環境負荷を考えて商品を選びごみを減らす等々、日々の生活の中で実践できるごみ減量のヒントがいっぱい詰まった一日となりました。

ご参加くださった皆様を通して地球と環境に優しいエコマインドが更に広がっていくことを期待しつつ、レポートを終わりたいと思います。

アクセス