2016.06.20

ゾムツール ~新しい科学玩具で遊びませんか?~

夢キャンパスに、”ゾムツール”という新しい科学おもちゃがやってきました。

ゾムツールは、小さなパーツを組み合わせて、かんたんな図形から複雑な多面体まで、あらゆる立体を構成できるキットです。図形と関連した数学概念の理解にも役立ち、建築学におけるモデルを作ることもできます。こどもから大人まで、学校の授業や、大学の研究者にも使われています。

 

IMG_5674

IMG_5669

 

「キリン」と「ヘリコプター」(写真上)

ちいさなお子さんは、どうぶつや乗り物など、好きなものを思うままにつくってみましょう。

このパーツとあのパーツを、つなげてみたら? 自由に想像力をふくらませて!

 

 

IMG_5661

「正十六胞体」(写真左)

四次元正多胞体の一種で16個の正四面体からなる、四次元の正軸体。三角がいっぱい組み合わさって・・・不思議なカタチですね。

 

「ケプラーのこだわり」(写真右)

このキットは、16世紀の天体物理学者ヨハネス・ケプラーの理論に由来するもので、5つの正多面体(プラトン立体)を美しく、効率的に入れ子状にしたものです。正十二面体の中に立方体、その中に正四面体、正八面体、正二十面体の順に内接する立体を形成することが出来ます。ケプラーは宇宙の配置は5つの正多面体により形作られていると信じていました。後に彼は自身の誤りを証明しましたが、現代ではこの宇宙は十二面体で形づくられると考えられています。

 

CGによる立体デザインは、三次元を二次元で表現したにすぎません。ゾムツールは、子供達が実際に「見て」「触って」「手を使って組立てる」所に大きな特長があります。試行錯誤しながら頭と手先を使って作り上げることにより、大脳を刺激し知力の発達をそくします。

2013年には、TIME紙「こどもの頭をよりよくするおもちゃ」に選ばれました。発達心理学者が選定したという「頭がよくなるおもちゃ」の理由は、創意工夫を生み、終わりが決まっていないことだそうです。

中高生以上では、DNAモデル、切頂二十面体(バッキーボール、サッカーボールの形状、フラーレン 炭素C60の分子構造)など複雑な立体を作ることもできます。カーボンナノチューブ、様々なドーム形状、四次元超立体である6種類の正多胞体の三次元投影図も可能です。

 

夢キャンパスで自由に遊んでいただけますので、

ゾムツールに触れてみたいという方は、スタッフに声をかけてくださいね!

 

 

 

 

東京都市大学 二子玉川 夢キャンパス

所在地
東京都世田谷区玉川二丁目21番1号 二子玉川ライズ・オフィス 8階
アクセス
東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」下車 徒歩1分
開館時間
平日|10:00~19:00 土日祝|10:00~16:00
※12月26日~1月5日の年末年始は休館
お問い合わせ
東京都市大学 企画室
電話|03–5707–0104

東京都市大学 二子玉川夢キャンパス

所在地
東京都世田谷区玉川二丁目21番1号 二子玉川ライズ・オフィス 8階
アクセス
東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」下車 徒歩1分
開館時間
平日|10:00~19:00 土日祝|10:00~16:00
※8月10日~8月20日、12月26日~1月6日の年末年始は休館日
お問い合わせ
東京都市大学 二子玉川夢キャンパス
電話|03–5797–9504